神経毒性のある煙草をやめるには飯田橋内科

煙草は日本では嗜好品として認められており、多くの人が煙草を嗜む傾向にあります。
しかし煙草にはニコチンと言う成分があり、これが神経毒性が強いとされています。
その神経毒性は大麻や脱法ハーブよりも強いとされており、煙草のニコチンは猛毒に指定できます。
神経毒性が強いので誤って食べたり飲んだ入りすると神経が麻痺し、死に至ることもあります。
そのため赤ちゃんや子供が決して口に入れないように厳重に注意しなければいけません。
神経毒性が強いだけでなく、煙草は中毒性も高い嗜好品です。
ニコチン成分が切れ掛かると、イライラしたりソワソワして仕事や家事に集中できなくなってしまいます。
生活が煙草中心にまわるようになり、いつ吸おうかということばかり考えるようになります。
こうした中毒性の高い煙草をやめるには、飯田橋の内科などを訪れると良いでしょう。
飯田橋でも禁煙外来を行っているクリニックは山ほどあります。
飯田橋の禁煙外来では、新薬のチャンピックスを用いて治療が行われることもあります。
チャンピックスを一日に二錠飲むと、喫煙したい欲求を抑制することができます。
またチャンピックスを服用中に喫煙すると、今までのように高い充足感、満足感、快楽が得られなくなり、徐々に煙草を意識しない生活を送れるようになります。
しかしチャンピックスには副作用もあるので、注意しなければいけません。
頭痛や嘔吐、悪夢や睡眠障害、上腹部違和感など様々な副作用も確認されています。
特に精神疾患の既往歴のある人は服用に注意しなければいけません。
またチャンピックス以外にも、ニコチンパッチや電子タバコ、ニコチン注射などを用いた治療法もあるので医師に相談してみると良いでしょう。

ページトップへ